タイミングと症状で選んで、あなたのかぜをもとから治す。

みんなで知る!かぜと症状別「クラシエの漢方 かぜシリーズ」の使い分け

小青竜湯

クラシエの漢方
かぜシリーズ

小青竜湯

しょうせいりゅうとう

第2類医薬品

効能

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

こんな時・こんな方に

かぜで鼻水、くしゃみがひどいとき / アレルギー性鼻炎で悩んでいる方 / 運転する方、受験生など薬を服用して眠くなっては困る方

小青竜湯とは

「小青竜湯」は、中国の古典医学書「傷寒論(しょうかんろん)」に記載され、咳、鼻水、くしゃみの出る鼻炎、かぜに用いる代表的な薬方です。
くしゃみ、うすい水様の痰を伴うかぜや鼻炎、ゼーゼーと喘音がしたり、ゴロゴロ痰のつまった音を伴う気管支炎、気管支ぜんそく等に使われます。漢方では、これらの症状の原因を水滞(からだの組織、細胞内外の水分代謝異常や水分の偏在)と考えます。平素から胃腸、気管や胸から脇にかけて水滞のある人は、アレルギーや感染や鼻炎、ストレス等のため、水気が上半身にあふれ、鼻水やたんの症状が現れます。

構成生薬

ページの先頭へ